ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

天壌のテンペスト

2018年ゲームレビュー 5 

565分=約9時間。本編をクリアするまで。
圧倒的な映像美で魅せる東方二次創作スタイリッシュ2Dアクション。どちらかと言うと、自分でプレイするよりも他人のプレイを見る方が楽しいかもしれない。

天壌のテンペスト


1.長所

緋想天のEDで天子が挿した要石により幻想郷が地震で壊滅しかけるという異変もどきを天子が解決する物語。天子は主人公向きのキャラだと思う。

このゲームの一番の売りは、ドットアニメによる派手で細やかな演出。天子、雑魚敵、ボス、すべてのキャラクターが様々な表情で動き回る。
うどんげの表最終符とか、ぬえの第二スペルとか凝りまくってて感動したのだけど、特に強調したいのが「スペルカード宣言をするボスのドットアニメ」。ボスキャラがカードを掲げる様子をとてもカッコよく描いている! こういう準備動作が細かいと心に刺さるんだ! いちいちカメラがボスに寄っていくのも分かりやすい良演出。スペルカード宣言時の一枚絵と筆文字もケレン味がある。

ボスが展開する弾幕をすり抜けて天候を操作し、アミュレットを壊してから斬撃をお見舞いする流れは、アクションゲームとして、またヒーローものとして非常にわかりやすい文脈を持っている。それらを総合して得られる爽快感と無双感は、歯ごたえのあるボス戦により強化されているように感じた。軽快なBGMや気持ちのいい効果音もサントラ希望レベル。


2.短所

崖の多さやスキルのアンロック方法など、いくつかの短所は指摘できるが、特に記載すべき難点は技・射撃・スペルカードが多すぎることと、それに伴う操作性の悪さである。

技・射撃・スペルカードは多いのだが、威力と汎用性が揃った技は限られているので、行動がワンパターンになってしまうのが問題。操作性に関しても、このゲームでは敵との距離に応じて遠距離攻撃と近距離攻撃が自動選択されるが、その距離感を掴むのが難しく、技が暴発しやすい。このため、遠距離か近距離で攻撃ボタンを連打するようなプレイに陥ってしまい、せっかくの多彩な技の数々を楽しむことができなかった。
製作側もこの点には気づいているようで、多くの技を使うとステージクリア後の評価が上昇するが、そのインセンティブがあっても色々な技を把握して使用するのは難しい。一応クリア後にはダミーターゲットによる練習も可能だが……。

このゲームで天子を思ったとおりに動かすためには訓練が必要で、素人がプレイするとストレスが溜まりやすい。だからと言ってステージを最短で駆け抜けてボスを瞬殺するようなプレイだと、せっかくの凝った演出やボスの動きなどもスキップされてしまう。求められているのは、天子にもボスにも見せ場ができるようなプロのプレイ動画だろう。


[PR]
# by konnkounohoukou | 2018-06-09 13:06 | ゲーム | Comments(0)

第3回Lily交流会 オフレポ

Lily 白き百合の乙女たち Lisblancの製作者とプレイヤーが、舞台の仙台に集まったオフ会のレポ。製作者かつ主催者のFifteenさんがツイートをまとめてくれたのはこちら。うるこぎさんが事前にオフの絵を用意してるの早すぎでは?!



長いので続きから。


続きを読む
[PR]
# by konnkounohoukou | 2018-06-03 13:20 | Comments(0)

LilyワンドロSS さち お花見をしよう! 2

Lily 白き百合の乙女たち LisblancのワンドロSSです。


----

れん「あ、ちーちゃん! 珍しいね、外に出てるなんて。」

さち「もう学園長による監禁は解けたの。私だって外出したいときもあるわよ。」

れん「ふーん。でも、こんな白昼に一人で出歩いてたりしたら、どんな危ない目に合うか分からないよ。」

さち「あら、エスコートでもしてくれるの?」

れん「えー、どうしようかなー。」

さち「そこは二つ返事で引き受けるところよ。」


………………
…………
……


れん「で、目的地はどこ?」

さち「今日はアジサイでも見に行こうかと思って。」

れん「アジサイ? そう言えばそろそろ咲き始めたってテレビで言ってたね。でも、その辺にも普通に咲いてるじゃん。」

さち「学園の中だけが私の人生だった。だから、テレビで紹介される観光地のようなところを色々と見て回るのは、けっこう楽しいのよ。」

れん「じゃあ、今まで何をして過ごしていたの?」

さち「日々の勉強が終わったら、主にテレビと本ね。音楽もたまにかけるわ。遊ぼうにも相手がいなかったの。」

れん「それは寂しいね。」

さち「私は存在自体を秘密にされていた。それが当たり前ならそんなものよ。」

れん「ふーん。そっかー。あ、ここだね。仙台市で一番きれいにアジサイが咲いてるってところ。」

さち「学園から徒歩で行けるのが良いわ。」

れん「花はきれいに咲いてるね。けど……うーん、まだ満開って感じじゃないかー。」

さち「言っておくけど、アジサイの花に見えるところはガクなのよ。花はその奥にある小さいやつ。」

れん「えっ! ほんと?!」

さち「本当よ。ちゃんと見てみなさい。」

れん「どれどれ……あ、なんか小さい花みたいなのがたくさんある!」

さち「学園(うち)には図鑑なんかは豊富にあるから、来る前に調べておいたのよ。」

れん「ちーちゃん、えらーい。じゃあ、じゃあ、アジサイってなんで青とか赤とかの色になるの?」

さち「詳しい仕組みは分からないけど、土壌の性質に左右されるみたい。植わってる場所で水と一緒に吸収した成分で決まるってことよ。」

れん「そうなんだー。」

さち「入り口でもらったパンフレットにも同じことが書いてあるのに……。」

れん「あー、確かに色々と書いてあるよ。アジサイの花言葉も載ってるね。えーっと、『辛抱強い愛情』『一家団欒』『家族の結びつき』……。」

さち「私には縁遠い言葉ね。」

れん「私もかな。」

さち「あっ。……ごめんなさい。」

れん「長く一人暮らしをしているからね。慣れたよ。それに、猫ちゃんたちも一緒だし。」

さち「そぅ。」

れん「……なんだか思うんだけど、さちちゃんってアジサイみたい。」

さち「私はこんなに青かったり赤かったりしないわ。」

れん「でも、その時の属性(入力)に応じて性質が変わるスキルとか、持ってたよね。」

さち「それは……まあ。」

れん「家族っていうのも、減ることもあれば増えることもある。今いないってことは、今後は増えるだけってことだよ。」

さち「なんて遠い未来の話。でも、確かにそう。そう考えれば良かったのね。」

れん「ま、当面は私達フルール・ド・リスで我慢してよ。家族にはなれないかもしれないけど、友達になら。」

さち「はいはい。まったく、心強い限りだわ。」

[PR]
# by konnkounohoukou | 2018-05-31 23:40 | 二次創作 | Comments(0)

Lily二次創作 世界一位になろう! (後編)

やたら長いので続きから。




More
[PR]
# by konnkounohoukou | 2018-05-20 20:01 | 二次創作 | Comments(0)

Lily二次創作 世界一位になろう! (前編)

やたら長いので続きから。



続きを読む
[PR]
# by konnkounohoukou | 2018-05-20 20:00 | 二次創作 | Comments(0)