ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

桜Trick

2014年アニメレビュー目標 3/12

先鋭的なアニメだと聞いて。春香と優によるラブラブチュッチュの物語。

1.総評

なんじゃこりゃー!という感じで尖ってる。なにこれおかしい。甘いっていうか激甘っていうか。ノルマは絶対達成。こんなキスアニメ初めて見た。てか18禁にしてもいいんじゃないか?


2.物語とキャラ

「クレイジーサイコレズ」とすら称されるほどの、春香と優による濃厚な「コミュニケーション」の物語。というか春香は頭沸いてるんじゃないか?!もう公衆の面前だとかお構いなし。1話に最低1回はキスシーンがある。あれで、春香と優は付き合っていないとか、うーん。まあ自覚がないのは分からんでもないが。
キャラクターが多く、一人ひとりに物語が設定されている。てかキャラクターが多くて、把握するまでは話について行けなくて退屈。1クールものはもうちょっと人数絞ってもいいかも分からんね。
ノンケ(と思われる)柚子と楓は、扱い方に若干違いが見える。特に楓について気になっていて、あの飄々として全体を俯瞰している雰囲気は、クレイジーサイコレズの集団の中でバランスを保っているようであり、何一人だけいい子面しているんだっていう本心が見えない不安感も抱かせた。その分、最終回で感情を見せた時はグッと来るものがあった。


3.作画

桜Trickの名のとおり、花びら(多くは桜)が舞う演出が多かったのが印象深い。特に美月会長が自分の気持ちに気づくシーンで薔薇が舞っていたのが中々。監督はひだまりスケッチとかに関わっていたのだと、ニコ動のコメントで流れていた。
クリスマス回でプロジェクション・マッピングを表現していたのは驚きだった。今のアニメってそういうこともできるんですね。キスシーンでハートマークになった(ニコ動の提供でもそのシーンが使われていた)のはちょっと笑ったけど。
下半身、特に太ももの作画が、他の部分と違っててこだわりが見えた。でも後半はあんまり感じなかったので、見直しが入ったのだろうか。
OPは「ダンスに予算の半分以上を振ったので、その他はあんまり動かないよ!」という一点豪華主義が如実に見える。こういう割り切りもシャフトっぽいのか。
アイキャッチは記号で表されて面白い。お金も時間もかけられないからアイデア勝負ってことだったのか。


4.音楽

割と印象に残るものが多いような。ピアノを多用している?


5.特記事項

15分間、春香と優が電話するだけっていう話があったのは素晴らしかった。原作にあるのかどうかは知らないが、あれテレビでやれたのは斬新。
あと文化祭のキスシーンも没頭感が出ていて良かったなあ。
[PR]
by konnkounohoukou | 2014-04-12 22:18 | アニメ | Comments(0)