ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

鬼灯の冷徹

2014年アニメレビュー目標 4/12

地獄の日常アニメ。期待以上に面白かった。

1.総評

怒涛のパロディネタと、伝統的な地獄観の紹介と、それを現代化したらこういうところというのがすごく面白い。そもそも地獄にアイドルとかテレビとか週刊誌とかカラオケとかがあると思わないじゃん!てか天国と繋がってるとか、飛行機で他国の地獄と行き来できるとかおかしいじゃん!日本の地獄があんな日本の会社(または官僚制)とすごく似たようなシステムで動いているとか思わないじゃん!あとライセンス担当がEDでクレジットされるとか聞いたこと無いよ!(ぱにぽにでベッキーのスタイリストがクレジットされたことはあったけど)


2.キャラクター

「鬼灯の冷徹」とはよく言ったもので、鬼灯様は多分逆に面倒見がいいのではなかろうか。もちろん獄卒なので亡者に対する罰は厳しく行うが、そうでない、獄卒仲間に対する態度は暖かなものに見える。あ、白鐸とベルゼブブへの態度だけは例外な!
白鐸と鬼灯様の関係も気になる。白鐸と聞くと東方厨で慧音先生好きとしてはもうワクテカが止まらないんだけど、女たらしである以外は白鐸は割といいやつ。てか減点事項って特に無いよね。酒に弱いことと絵心がないことが欠点らしい欠点だけど、誰かに迷惑をかける話は無かった。桃太郎の指導もちゃんとしていたようだし、ううむ。擁護したくもあり、叩かれる白鐸が見たくもあり。噛ませ犬かわいそう。
お香さんは何者だったのだろう。


3.作画

WITスタジオは元々進撃の巨人を作るために立ち上げられた会社だそうで、本当に作画クオリティが高い。アクションシーンはもちろん、ひしめく金魚草が特に。ユーモアっていうかよく分からないシュールって言葉が似合う。


4.特記事項

パロディネタはどこまで許されたのだろうか。おそらくライセンス取得失敗もあったのでは。日立は本当にあんなの許可出したんだな。てか世界ふしぎ発見!までパロってたので、だいぶ蜜月関係を築いたのではないか。攻めるなあと思って見ていた。


5.その他

Twitterの上海人形の雑ネタbotは、一部この作品からネタを取ってきてるんじゃないかなと思うくらいネタが被ってた。それでも東方ネタとの関連性に気づくところがbotとして秀逸なのだと思う。
[PR]
by konnkounohoukou | 2014-04-12 22:19 | アニメ | Comments(1)
Commented by G・C at 2014-04-30 02:07 x
初めまして上海人形の雑ネタbotの製作者です。
お察しの通り、ネタの何割かは鬼灯の冷徹からの引用があります。
鬼灯自体は雑誌でずっと読んでまして、bot作成する時に
思い出したかのように雑誌や単行本ひっくり返してコレ使えるかなってやってました。
そこから約1年後、まさか鬼灯の冷徹アニメ化とは思ってませんでした。
アニメ化によりこの事実に気付く人は多いのではなかろうかと思ったそんな話です