ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

LilyワンドロSS 百合果 色んな武器を使ってみよう!

百合果「かえでちゃん!一生のお願い!」
かえで「嫌よ。」
百合果「えー。かえでちゃんの心がそんなに狭いとは思わなかったなあ。」
かえで「訓練中にいきなり寄ってきて『日本刀に飽きたから槍をさわらせて』なんて言われても、はいそうですかなんて言えるわけないじゃない。」
百合果「飽きたなんて言ってないよお。でも、なんだか今は日本刀(これ)じゃない気がするのよね。」
かえで「むむ・・・。じゃあ他の人に聞いてみる?ほら、あそこで雫が弓の練習してる。」

百合果「雫ちゃん!ちょっとお願いがあるんだけど。」
雫「百合果からこっちに訪ねて来るなんて、今日は珍しいですね。」
かえで「百合果がね。なんか日本刀以外の武器を使ってみたいんだって。」
百合果「雫ちゃん、おねがい(きらきら)。」
雫「(ズキューン)え、ええ。いいですよ。私の弓を貸してあげちゃいます」
かえで「あら、意外と簡単にOKするのね。雫ならもうちょっと渋るのかと思ったけど。というか何か言葉が変じゃない?」
雫「コホン。まずは型の練習からです。日本刀を使う百合果ならその重要性が分かるでしょう。」
百合果「(トスッ)やった!当たったよ雫ちゃん!」
雫「え?」
百合果「え?」
かえで「・・・・・・(百合果は地味にセンスが良くて、雫はバリバリの努力型。こういう場面だとお互いに気持ちがわからないのかもしれないわ。)」
百合果「ありがとう雫ちゃん!満足したよ!さあかえでちゃん、次にいこう。」
雫「え?え?」

百合果「あ、真夜ちゃん、聖夜ちゃん!かくかくしかじか。」
聖夜「気まぐれな百合果ちゃんも素敵だね。」
真夜「百合果も斧の良さが分かるようになったのかしら。まあ、どうしてもと言うなら私のお気に入りを貸してあげてもいいけど。」
百合果「・・・・・・」
かえで「何を迷ってるのよ。」
百合果「やっぱり斧はいいや。」
真夜「どうしてよ!」
聖夜「あらー、真夜ちゃん残念。私のは打撃武器ってわけじゃないけど、使ってみる?」
百合果「うん、ちょっと触らせて欲しいな。」
聖夜「いいよ。でも、使う時は・・・(ゴニョゴニョ)。」
百合果「ええっ!」
聖夜「じゃないと貸してあげないよー。」
百合果「むむむ。」
かえで「なにが『むむむ』よ。」
百合果「分かったよ。貸して。」
聖夜「はい、どうぞ。」
百合果「ええっと・・・その・・・」
真夜「こうなると思ったわ。いいから、恥ずかしがってないで早くしなさいよ。」
百合果「り・・・リリカル マジカル パムホップン!あなたのハートにラブずっきゅん♡」
かえで「撮った?」
魔姫奈「バッチリ。」
百合果「魔姫奈ちゃんんんんいつからいたのおおお消してえええええ!」
魔姫奈「どうしようかしら。(ヒョイ)」
百合果「えいっ!(ガシッ)」
魔姫奈「しまった鉄球が!」
真夜「なんで持ってるのよ。」
百合果「・・・なんだか魔姫奈ちゃんの鉄球もこうして見ると魅力的ね。」
魔姫奈「あっ!ばかっ!それをそんなに見つめたらダメっ!」
百合果「・・・・・・きゅう(バタリ)」
かえで「えっ?何?百合果、大丈夫?何が起こったの?」
魔姫奈「私のリリー能力は鉄球を介して発動するから、使った跡みたいなのが鉄球に残ってるのよ。至近距離でじっと見つめると百合果みたいにああなるってワケ。あなた達も気をつけることね。」
かえで「え、ええ。分かったわ。とりあえず百合果を介抱してやらないと。」

絵巳「そんなことがあったんだ。で、ああなった。」
かえで「色々試した結果、アレが一番しっくり来たんだって。」

そこにはトンファーを持ったままキックを繰り出す元気な百合果の姿が!

歌音「あれ、私が産まれる前のネタなんですよね。さすが百合果さん博識です!」


[PR]
by konnkounohoukou | 2017-12-07 22:31 | 二次創作 | Comments(0)