ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

LilyワンドロSS 雫 忘年会をしよう!


主人公は雫ちゃんです。

------------

~雫の家 応接間~

絵巳「いやー、まさか雫から『忘年会をしましょう』なんて言われるとは思わなかったね。メンバーは少人数だけど、こんな飾り付けまでして招いてくれるなんて嬉しいな。」

月「クリスマス会じゃなくて忘年会っていうのが雫ちゃんらしいわね。クリスマスはクリスマスで八乙女家に行って、フルール・ド・リスのみんなでまたお祝いする予定だけど。」

聖夜「もー、あんまり気を使わなくていいのに。でも、去年悪いことをしちゃった分、私たち姉妹からも何かさせてほしいの。みんなで今年はみんなで幸せなクリスマスにしようね。」

歌音「イベントの余興なら私に任せてください!24日は夕方にお仕事が少しあるんですけど、終わったらすぐ駆けつけますよ。」

月「歌音ちゃんも来てくれるのね。それにしても雫ちゃんはどうしたのかしら。お料理の前で待つのはお腹が鳴っちゃいそうで怖いわ。」

絵巳「あはは。雫は何か準備があるって言ってたよ。あ、ほら、すりガラスの向こうの廊下に人影が。……まずい!!!!!!」(シュタッ!ガラガラッ!ピシャッ!)

歌音「どうしたんでしょう絵巳さん。何かすごい勢いで廊下に飛び出していきましたけど。」

聖夜「立った勢いで座布団が舞い上がる、なんてことあるんだね。月ちゃん、こっちからは死角でよく見えないから、何が見えたか教えてほしいな。」

月「…………」(絶句)

聖夜・歌音「?」

月「き……気にしないようにしましょ。もしかしたら雫ちゃんはもう少しかかるかもしれないわね。」

歌音「あ、雫さんと絵巳さんが何か話してるのが聞こえますよ。」

(絵巳)「……何を………………!…………着て…………!」

(雫)「テレビ…………宴会芸…………お盆…………。」

(絵巳)「あれは…………上手く…………。鵜呑み…………雫の…………!」

(雫)「……もう……描いて………」

(絵巳)「……いいから……真面目…………!」

聖夜「あまりよく聞こえないね。ちょっと様子を見てみようかな。」

月「ダメよっ!子供が見るものじゃないわ!」

歌音「あっ……///」(気づいた)

聖夜「???」

月「これは……今日は忘れられない一日になりそうね……。」

[PR]
by konnkounohoukou | 2017-12-22 11:29 | 二次創作 | Comments(0)