ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

LilyワンドロSS 月 お泊まり会をしよう!

Lily 白き百合の乙女たち LisblancのワンドロSSです。




――――


月「いやー、やっぱり夜中のテレビとお菓子は最高ね。」

萩「お姉ちゃん、そんなことばっかりしてると太っちゃうよ。」

月「萩ちゃんはー。もうちょっと大きくなりなさーい。」(ダラダラ)

萩「もぅ、知らないからね。……あれ? 誰か来たのかな?」

月「どうしたのー?」

萩「いや、外の廊下から足音が聞こえるような気がするんだけど……この歩き方、ひょっとして百合果ちゃん?」

月「こんな夜中に? でも萩がそう言うってことは、一応、玄関まで行って見てこようかな。」(ガチャリ)

百合果「こっ、こんばんは。」

月「あら、本当に百合果ちゃんだった。」

百合果「えっ?」

月「こっちの話よ。それより、何かあったの?」

百合果「ちょっと……、あの……。」

月「……もしかして、一晩泊めてもらいたい?」

百合果「うん……。」

月「困ったわね。今から追い返すわけにもいかないわ。とりあえず入って。」

百合果「ありがとう。」

………………
…………
……

月「はい、お茶。もう眠れなくなるから麦茶しか出せないわ。」

百合果「お、お構いなく。」

月「お家に電話はするからね。」

百合果「はい……。」

月「ま、何があったのかは(チラッ)……聞かないけど、明日の朝は早起きして家に帰ること。わかった?」

百合果「うん……。」

萩「でも、よくうちなんかに来たね。他にも行くところはあったでしょ。」

百合果「雫ちゃんのところは灯りがついてなかったし、かえでちゃんも今夜はデートだって言ってたから……。」

萩「そういえば、今夜は日本戦だったね。彼氏さんと一晩"す"っぽり過ごすんでしょ。」

月「萩は色々ともう休みなさい。」

萩「うっ、お姉ちゃん怖い。」

………………
…………
……

月「さて、テレビも終わったし、そろそろ私達も寝ましょうか。パジャマは私のを貸してあげる。」

百合果「サイズが合わない……」

月「もう、文句言わないの。電気消すね。」

百合果「月ちゃん……。」

月「なあに?」

百合果「月ちゃんなら私の気持ち、分かってくれるよね。」

月「分からないわ。百合果ちゃんが話してくれるまで何もわからない。」

百合果「そ、そうだね。」

月「けど……百合果ちゃんに一つだけ何か言うならね。」

百合果「うん。」

月「リリーなら、辛いことがあってもへこたれることは『許されない』。」

百合果「月ちゃんもそう言うんだ。」

月「それはしょうがない。強い身体に生まれついちゃったんだから。」

百合果「……」

月「でも、私がいてあげる。不安定な時なんて誰にでもあるわ。事前に連絡をくれれば、うちにはいつでも来ていいから。」

百合果「うぅ……。」

月「明日はちゃんと起きてね。おやすみなさい。」


[PR]
by konnkounohoukou | 2018-06-28 22:54 | 二次創作 | Comments(0)