ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

「強さ」から「可憐さ」へ――プリキュアの歴史が、また一ページ

ハートキャッチプリキュア:
なにこのおジャ魔女。かわいいからいいけど。
てか結構いい作品になるんじゃないかなあ。
初代は「かっこいい」って感じで、変身もドッシーンってやってたのが、年を経るごとにだんだん可憐になってきた気がする。
女の子向けだから可憐なのはいいことだと思うけど、その上で「プリキュアとは何か」と聞かれるとよくわからなくなってくる。
何なんだろうな、プリキュアらしさって。
まず全てに共通して存在するのが世界の危機。何らかの理由によって世界を滅ぼそうと企む勢力がいて、これを伝説の戦士プリキュアが打ち砕く。多分これが基幹だろう。でもこれは話の道筋ってだけで、プリキュアに特有のものじゃない。
じゃあ何が特有か。今までの認識では、「憧れシフト」がプリキュアの特徴だと思ってた。
女児向けアニメってのはたいてい「かわいい」とか「きれい」を供給してきた。ひみつのアッコちゃんとかが典型だろう。多分CCさくらとかで、それは粋まで到達した。
プリキュアは、その向こうを張って「強さ」とか「かっこよさ」を供給してきたんだと思う。
初代は言わずもがなの肉弾戦メイン。5人になってからはあまり見ていないが、多分アクションの力強さは落ちてなかったんじゃないか。
「強さ」は新世紀になって、女の子の新しい「憧れ」として受け入れられた。だからこれだけ続いてる。
そこに来て、今回のハートキャッチプリキュア。いきなり「かわいさ」を全面に押し出してきた。
花、香水、ファッション、そして最弱ヒロインと予告で出てきたタキシード仮面。
だいぶがらっと変えてきている。なんか90年代末に逆戻りした気分でもあった。
同じ女児向けの戦う女の子アニメとして、セーラームーンは不動の月野うさぎとか、惑星というモチーフがずっと同じだから、新キャラとかが出ても軸がぶれないしっかりしたイメージがあった。
モチーフどころか主役まで交代していくプリキュアは、ひょっとして先祖返りをしているのだろうか。
ハートキャッチプリキュアは、「プリキュアらしさとは何か」という問いと正面からぶつかる意欲作になるのかもしれない。
とは言っても一話が終わったばかりだし、細かいことは気にせずにダークプリキュアのかっこよさに惚れてればいいんだよきっと。


崖の上のポニョ:
うーん、おもしろい。
最高の作画技術。物理的な嘘が少ないと感じた。色々と裏設定がありそうなところがおもしろい。
ただ、裏設定がありすぎて映画で完結していないって感じがした。
まあジブリアニメならナウシカとかそうなんだけど、トトロとかの完成度に比べて弱い。
紅の豚も裏設定はありそうなんだけど、単体でだいたいわかるからいい。
うーん、人物の掘り下げがうまくいってないのか?単なる尺の問題か。
でも長すぎると子供は見れないしな。
なんで月が迫ってくるのかとか全然分からなかったし。
ポニョと宗介の関係を全面に押し出したってことかなあ。
こりゃ2回目を見たほうがいいような気がするけど、そんな暇は無い。


ゼーガペイン:15話まで
あれーこんな話ってエロゲでよくあるじゃん。あまり新鮮味を感じない。
てかナーガは何がしたいんだ?理論実践したところでいいこと無いだろ。
人が絶えた世界で兵器を持ってもどうしようもない。
ウィルスによる人類滅亡が人為的だったってのは逆に説得力があるな。
ウィルスは単体では存在できないから、絶対に宿主と共存しないといけない。
すなわち、人間が自然界のウィルスによって絶滅することは無い。
ただし、ウィルスが人為的に作られたものだったとしたらありえるかもしれない。
てか、プログラムとかサーバーとかの用語がなんか違和感がある。
「人間というプログラム」っていうのが特に妙。プログラムって、演算装置に対する命令じゃなかったっけ?
「サーバーの中に入れば生前と同じ生活が送れる」って本気で思った人々もすげえけどなあ。
てか、リセットがかかるサーバーってことは余り意味が無いじゃん。
サーバー内でのシミュレーションがうまく行っているのに、なぜリセットする必要がある。
おそらくナーガの想定外なんだろうなあ。やってみたら、量子コンピュータでは荷が重かったと。
キョウのマンションがセレブラムの兵舎ってのもおかしな話で。
人類滅亡→セレブラント誕生って時系列じゃなかったっけ?
そして、幻体化した人々はゼーガ無しで通常空間に存在できない。
まあマンションがゼーガと同じ機能を持っていたと考えればつじつまは合うが、只のいい的じゃねえか。
もう一回15話を見直す必要があるかな。
とにかく、まだ秘密が隠されている。特に、何故敵が破壊活動をするのかという点が明らかでない。
とりあえずハイスペックアベック×2に萌えながら続きを見ましょう。シマ司令かわいい。


モナーの宇宙開拓記:
おもしろかったけど緑字が途中でいなくなったのが残念。
次のシリーズはもういらないかなあ。
SF読みたくなってきた。
--銀河の歴史がまた1ページ・・・

ユニクロに行ったら、もう冬物は無いんだとさ。まあしょうがない。明日学校で見てみよう。あるかなー・・・

たまには、と思ってウィスキーを買う。先生が言うように、本当に角瓶は紐で切れるのか。
実験してみたくはある。甘くておいしい。
ついでに三ツ矢サイダーも買う。高級感がすごい。
だけど酒を飲むと腹が減るのがだめだな。

ロワイアル:
強い!強すぎるよボス。
現在攻撃力53960 防御力30894
まったく歯が立たない。渡米前に絶望的状況が始まった。打開はいつになるやら。
[PR]
by konnkounohoukou | 2010-02-08 02:54 | Comments(0)