ひとおもい

korejanai.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

LilyワンドロSS 月 お泊まり会をしよう!

Lily 白き百合の乙女たち LisblancのワンドロSSです。




――――


月「いやー、やっぱり夜中のテレビとお菓子は最高ね。」

萩「お姉ちゃん、そんなことばっかりしてると太っちゃうよ。」

月「萩ちゃんはー。もうちょっと大きくなりなさーい。」(ダラダラ)

萩「もぅ、知らないからね。……あれ? 誰か来たのかな?」

月「どうしたのー?」

萩「いや、外の廊下から足音が聞こえるような気がするんだけど……この歩き方、ひょっとして百合果ちゃん?」

月「こんな夜中に? でも萩がそう言うってことは、一応、玄関まで行って見てこようかな。」(ガチャリ)

百合果「こっ、こんばんは。」

月「あら、本当に百合果ちゃんだった。」

百合果「えっ?」

月「こっちの話よ。それより、何かあったの?」

百合果「ちょっと……、あの……。」

月「……もしかして、一晩泊めてもらいたい?」

百合果「うん……。」

月「困ったわね。今から追い返すわけにもいかないわ。とりあえず入って。」

百合果「ありがとう。」

………………
…………
……

月「はい、お茶。もう眠れなくなるから麦茶しか出せないわ。」

百合果「お、お構いなく。」

月「お家に電話はするからね。」

百合果「はい……。」

月「ま、何があったのかは(チラッ)……聞かないけど、明日の朝は早起きして家に帰ること。わかった?」

百合果「うん……。」

萩「でも、よくうちなんかに来たね。他にも行くところはあったでしょ。」

百合果「雫ちゃんのところは灯りがついてなかったし、かえでちゃんも今夜はデートだって言ってたから……。」

萩「そういえば、今夜は日本戦だったね。彼氏さんと一晩"す"っぽり過ごすんでしょ。」

月「萩は色々ともう休みなさい。」

萩「うっ、お姉ちゃん怖い。」

………………
…………
……

月「さて、テレビも終わったし、そろそろ私達も寝ましょうか。パジャマは私のを貸してあげる。」

百合果「サイズが合わない……」

月「もう、文句言わないの。電気消すね。」

百合果「月ちゃん……。」

月「なあに?」

百合果「月ちゃんなら私の気持ち、分かってくれるよね。」

月「分からないわ。百合果ちゃんが話してくれるまで何もわからない。」

百合果「そ、そうだね。」

月「けど……百合果ちゃんに一つだけ何か言うならね。」

百合果「うん。」

月「リリーなら、辛いことがあってもへこたれることは『許されない』。」

百合果「月ちゃんもそう言うんだ。」

月「それはしょうがない。強い身体に生まれついちゃったんだから。」

百合果「……」

月「でも、私がいてあげる。不安定な時なんて誰にでもあるわ。事前に連絡をくれれば、うちにはいつでも来ていいから。」

百合果「うぅ……。」

月「明日はちゃんと起きてね。おやすみなさい。」


[PR]
by konnkounohoukou | 2018-06-28 22:54 | 二次創作 | Comments(0)

天壌のテンペスト

2018年ゲームレビュー 5 

565分=約9時間。本編をクリアするまで。
圧倒的な映像美で魅せる東方二次創作スタイリッシュ2Dアクション。どちらかと言うと、自分でプレイするよりも他人のプレイを見る方が楽しいかもしれない。

天壌のテンペスト


1.長所

緋想天のEDで天子が挿した要石により幻想郷が地震で壊滅しかけるという異変もどきを天子が解決する物語。天子は主人公向きのキャラだと思う。

このゲームの一番の売りは、ドットアニメによる派手で細やかな演出。天子、雑魚敵、ボス、すべてのキャラクターが様々な表情で動き回る。
うどんげの表最終符とか、ぬえの第二スペルとか凝りまくってて感動したのだけど、特に強調したいのが「スペルカード宣言をするボスのドットアニメ」。ボスキャラがカードを掲げる様子をとてもカッコよく描いている! こういう準備動作が細かいと心に刺さるんだ! いちいちカメラがボスに寄っていくのも分かりやすい良演出。スペルカード宣言時の一枚絵と筆文字もケレン味がある。

ボスが展開する弾幕をすり抜けて天候を操作し、アミュレットを壊してから斬撃をお見舞いする流れは、アクションゲームとして、またヒーローものとして非常にわかりやすい文脈を持っている。それらを総合して得られる爽快感と無双感は、歯ごたえのあるボス戦により強化されているように感じた。軽快なBGMや気持ちのいい効果音もサントラ希望レベル。


2.短所

崖の多さやスキルのアンロック方法など、いくつかの短所は指摘できるが、特に記載すべき難点は技・射撃・スペルカードが多すぎることと、それに伴う操作性の悪さである。

技・射撃・スペルカードは多いのだが、威力と汎用性が揃った技は限られているので、行動がワンパターンになってしまうのが問題。操作性に関しても、このゲームでは敵との距離に応じて遠距離攻撃と近距離攻撃が自動選択されるが、その距離感を掴むのが難しく、技が暴発しやすい。このため、遠距離か近距離で攻撃ボタンを連打するようなプレイに陥ってしまい、せっかくの多彩な技の数々を楽しむことができなかった。
製作側もこの点には気づいているようで、多くの技を使うとステージクリア後の評価が上昇するが、そのインセンティブがあっても色々な技を把握して使用するのは難しい。一応クリア後にはダミーターゲットによる練習も可能だが……。

このゲームで天子を思ったとおりに動かすためには訓練が必要で、素人がプレイするとストレスが溜まりやすい。だからと言ってステージを最短で駆け抜けてボスを瞬殺するようなプレイだと、せっかくの凝った演出やボスの動きなどもスキップされてしまう。求められているのは、天子にもボスにも見せ場ができるようなプロのプレイ動画だろう。


[PR]
by konnkounohoukou | 2018-06-09 13:06 | ゲーム | Comments(0)

第3回Lily交流会 オフレポ

Lily 白き百合の乙女たち Lisblancの製作者とプレイヤーが、舞台の仙台に集まったオフ会のレポ。製作者かつ主催者のFifteenさんがツイートをまとめてくれたのはこちら。うるこぎさんが事前にオフの絵を用意してるの早すぎでは?!



長いので続きから。


続きを読む
[PR]
by konnkounohoukou | 2018-06-03 13:20 | Comments(0)